健康に関し手の意識を高めて行きましょう〜健康の知識〜

health and beauty

認知症の予防

サプリメント摂取時の注意点とは

誰でも加齢になれば慣れ親しんだ場所をど忘れしたり、久方ぶりに出会った知り合いの名前が出てこない等、物覚えが悪くなる症状はあります。それは年齢関係無く起こるためあまり気にする事なありませんが、中には加齢ではなく脳の神経細胞が消滅する事で起こる認知症があります。認知症になると個人差はありますが、軽度から重度になるまで一気に進んでしまうため、早めの予防対策が必要となります。 認知症予防に効果が期待できるのがオメガ3脂肪酸と呼ばれる栄養成分であり、積極的に摂取する事で老化予防となります。オメガ3脂肪酸のサプリメントを摂取する際の注意点は、食物アレルギーがある場合は原材料をきちんと確認し、酸化しないように保管する事が大切です。

知って得する予防対策とは

脳を若々しく維持するためには積極的に働かせる事が大事であるため、なるべく脳を使って考える行動をします。脳は2つの機能を同時に働かせる事で、一度に2つの作業をこなそうとしますが、これを利用して老化対策が行えます。 会話をしながら散歩をする、テレビを見ながら指を動かす、音楽を聞きながら仕事をこなす等、同時に行う事で脳のサビ止めを行えます。また加齢により減少する必須脂肪酸を摂取する事も大切であり、食事では十分な量を確保できないため、オメガ3脂肪酸としてサプリメントで手軽に摂取します。ARAとDHAとEPAにより構成されているオメガ3脂肪酸は、気力や知力の回復に効果があり、認知症対策の有効な成分として期待できます。